雲のやすらぎプレミアム 敷布団としては優秀?

厚み17cmからマットレスとは思えない敷布団レベル!

雲のやすらぎプレミアムは、日本製の敷布団です。しかしその厚さは驚くべきことに17センチもあり、マットレスとしても使うことができます。なぜこのような厚みを実現できているのかと言うと、こだわりの5層構造を採用しているからです。本体には高反発のスプリングマットを使い、さらに起伏のしっかりとしたアルファマットで上下を包み込んでいます。季節によってフランス製の羊毛を纏うことも可能で、肩こりで悩んでいる人にもおすすめの、夢のような寝心地が体感できます。

フローリングなどで直置きしても床付き感なし

フローリングに直置きして寝ている方にとって、敷布団の薄さからくる底付き感は眠りを妨げる要素の一つと言えるのではないでしょうか。その点、雲のやすらぎプレミアムなら、150ニュートンというかなりの反発性を備えています。この値はご存知のように、ウレタン製マットレスの硬さを表す数値です。一般的なマットレスは60程度であるため、150という数値はかなりの高反発と言えるでしょう。もちろん寝心地の良さは保証付きで、快適な睡眠へいざなってくれます。

ただし直置きはカビが出て敷きパッドの湿気でへたる危険も…

このようにフローリングに直置きしても快適に眠ることができる雲のやすらぎプレミアムですが、注意点もあります。湿気によってへたることも考えられるからです。高級な敷布団であるだけに、カバーやシーツ、敷きパッドなどで覆い大切に扱いたいと考える人も多いはずです。しかしそうした使い方では睡眠中に発生する湿気を逃がすことができず、カビが生える原因にもなりかねません。十分な厚さを持ち、気持ちよく眠ることができるこの製品ならではの注意点です。

すのこベッドや通気性の良いカバー・シーツの利用を

カビの問題に対処するには、雲のやすらぎプレミアムを使うときは通気性の良いカバーやシーツといったものを併用することをおすすめします。それにより敷布団の中に取り込まれた湿気を、外に発散させることができるからです。合わせてすのこベッドの活用も考えてみると良いでしょう。隙間があらかじめ設けられているため、中にこもった湿気が効率よく発散されます。湿気が多いとダニが繁殖する原因にもなりかねないため、こうしたものを上手に活用してください。

寿命を延ばすために定期的にクリーニングへ!

通常の製品より高めの価格設定になっている雲のやすらぎプレミアムだけに、購入したからには少しでも長く使い続けたいと考えているのではないでしょうか。そのためにも欠かせないのが、定期的なメンテナンスです。といっても難しいことは必要ありません。敷布団のクリーニングを行っている業者へ依頼するだけだからです。お願いすると表面はもちろん内部まできれいにしてくれるので、製品の寿命が一気に伸びることになります。対応しているお店を選び、定期的に依頼すると良いでしょう。